ナース

更年期障害や心筋梗塞の症状を把握|病気スピード解決

定期的な検査が必要です

医者

大腸がんは、初期症状がないために、悪化してしまい、他の臓器に転移してしまうことがあります。初期段階のうちに発見されれば、ほぼ完治することができますので、定期的な検査をおすすめします。痛くない大腸がん検査がありますので、積極的に検査を受けましょう。

詳細を読む

関連サイトを見る

  • 医療法人輝鳳会

    今行っている治療で悪性リンパ腫の症状が改善されなかった場合は、こちらのクリニックが行っている最新の治療方法を受けてみましょう。

心臓の健康のための知識

看護師

病気の概要と発症原因

心筋梗塞とは、心筋が虚血状態に陥って壊死してしまう病気です。壊死した心筋は再生不可能ですので、発症すると不整脈や心不全といった後遺症が残る確率が高く、命を落とすことも往々にしてあります。心筋が虚血状態に陥る原因は、血管の閉塞です。血管が閉塞して血液が流れなくなったため、心筋が虚血、そして壊死してしまうというわけです。血管が閉塞する原因は、血栓と血管の狭窄です。血栓は血の固まりのことなのですが、そんなものがあれば、血管が詰まってしまう可能性は大いにあります。血管が狭窄している状態であれば、その確率は、当然、高くなります。そして、血栓と血管の狭窄、両方の原因となるのが動脈硬化です。動脈硬化は、加齢とともに進行します。但し、慢性的な高血圧だと、進行の度合いは速まってしまいます。

早めの対策が必要

心筋梗塞は、突然、発症すると思われがちです。しかし、このように、いくつかのプロセスを経て発症しています。そして、いくつかのプロセスを経て発症しているということは、心筋梗塞は予防できる病気だと言うことです。心筋梗塞の根本的な原因と言えるのが慢性的な高血圧ですから、該当する人は早めに改善するべきです。また、狭心症という病気があります。心筋梗塞が心筋に血液が流れない病気であるのに対し、狭心症は、かろうじて血液が流れている病気です。そして狭心症を発症すると、後々、心筋梗塞を発症する可能性が高くなります。つまり、狭心症は心筋梗塞の前段階と呼ぶべき病気ですので、狭心症を発症した時に適切な治療を受ければ、心筋梗塞発症のリスクを軽減できます。また、心筋梗塞以外にも多い病気として更年期障害があり、更年期障害を発症するのは女性がほとんどです。男性は決してかからない病気ではないのですが、女性と比較しても圧倒的に男性の発症は少ないといえるでしょう。更年期障害の症状にはイライラや倦怠感など様々ありますが、少しでも更年期障害の症状が見られた場合は病院で治療を受けましょう。

完治も出来る

診察

卵巣というのは成熟したものでも、胎児の頃の異物が残るされているため腫瘍が発生しやすい場所です。こうした腫瘍というのは、悪性の卵巣がんの場合はもちろんなのですが、良性の場合でも原則として手術で摘出するのが通常です。

詳細を読む

病気と向き合う

病院

癌には転移しやすいものがあり、一般的に血液の流れが豊富なところには転移しやすいといわれています。現在ではあらかじめ放射線を照射することで予防をすることも可能になっているため、治療法についての理解を深めることが大切です。

詳細を読む