笑顔の女性

更年期障害や心筋梗塞の症状を把握|病気スピード解決

病気と向き合う

病院

どのようなものなのか

癌とは、細胞が突然変異して正常な機能をしなくなり、時間をかけて数を増やしたりほかの場所に移動したりという性質を持っています。また、癌の進行状況には個人差があり、検査で癌が発覚して手術日に至るまでの間に悪化してしまうという場合もあります。これは遺伝的なものが多いですが、食生活など生活習慣も関係しています。癌の再発と転移というのは似ていますが少し違うところがあります。再発は治療をして治ったかのように見えたのに少し残っていてそれが大きくなってしまったりということを指しますが、転移というのはがん細胞が最初に発生したところから血液の流れに乗ってほかの場所に移りその場所で成長してしまうという場合をさします。

どこにできやすいのか

転移しやすい場所というのは血液の流れが豊富な肝臓、骨、肺や脳といわれています。転移してしまうと最初の癌を切除してもリンパ節や血中にあるがん細胞がほかの臓器で増えてしまうため、手術後の検査を怠ると大変な事になってしまいます。入院していれば検査は受けるとは思いますが、手術で取り切れていない場合も十分にありますので毎年の検査はしっかり受けましょう。しかし現在では再発や転移がしやすいところを分析してあらかじめ予防するということができるようになっています。脳であれば放射線を照射することで目に見えない小さな癌を消すこともできます。転移が起こってしまうとそれが連鎖する場合もありますが治療法についての理解を深め、向かい合うことが大切です。