笑顔の女性

更年期障害や心筋梗塞の症状を把握|病気スピード解決

完治も出来る

診察

卵巣がんには、最初から卵巣に発生する原発性のものと、転移性のものとがあります。卵巣に限られている原発性の卵巣がんというのは、手術だけで治る確率の非常に高いものです。ですので卵巣がんを発症したからといって、悲観する必要はありません。ただ卵巣がんというのは、初期症状というものがほとんどありません。そのため気付かぬうちに、大きくなってしまうケースも少なくないのです。ですので、一般的に40〜70歳代に多い病気ですので、その年齢になったら定期的に検査を受けるようにすると良いでしょう。地域によっては、こうした検査の補助をしているところもあります。そうしたところでは格安で検査を受けられたり、補助金が出ることもあるので、一度役所などで確認してみる価値はあります。

卵巣がんというのは、手術によって完治が期待できる病気です。しかし再発率が高い傾向があるため、その後の経過観察は欠かせません。そんなときにやっておきたいのが、尿の頻度の記録です。というのも、卵巣に出来た腫瘍が大きくなってくると、尿が近くなるといった現象が起こることが多いのです。卵巣がんというのは初期症状がほとんど無いものですので、こうした微妙な身体の変化に気を配ることが非常に大切になってきます。実際に尿の頻度を記録しておくとより確実ですが、普段からなんとなく気にかけているだけでも気づくことは多いものです。ですのでもしも以前よりも尿の頻度が多くなったと感じたら、検査を受けるようにすると安心でしょう。