笑顔の女性

更年期障害や心筋梗塞の症状を把握|病気スピード解決

定期的な検査が必要です

医者

痛くない検査方法

大腸がんは、大腸(結腸、直腸、肛門)に発生するがんです。日本人は、S状結腸と直腸にがんができやすいと言われています。大腸がんの症状は、がんができた部分により変わってきます。血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、貧血、お腹の張り、腹痛、体重減少などがあげられます。大腸がんは早期発見による治療で完治することができます。初期症状がない病気なので、気付いたら悪化して、他の臓器に転移していたということがないように、定期的な検査が必要です。大腸がんの検査では、内視鏡検査が人気があります。内視鏡検査では、どんなに小さながんでも発見することができます。検査時間は5分ほどで、痛みがないことが人気の理由です。もしも、大腸がんになってしまっても早期発見できれば、完治することが可能なので、悪化して他の臓器に転移することがないように定期的な検査を受けましょう。

進んで検査を受けましょう

大腸がんの患者は、年々、増え続けています。原因としては、生活環境や食文化の変化によるものです。欧米の影響で、食事が肉を中心としたものになったことが関係しています。高脂肪分を多く摂ることは、大腸がんのリスクを上げることになります。大腸がんの検査も一般的になってきており、定期的に検査を受ける人も増えてきています。初期段階で、発見されれば、ほぼ完治することができますので、他の臓器に転移する前に治療を行うことができます。医療が発達して、痛くない大腸検査を行うことができますので、検査も気軽にできるようになりました。大腸がんになりやすい人は、日常の食生活や遺伝によるものが多いので、家族に大腸がんになった人がいる場合は、進んで検査を受けるようにしてください。早期発見で、他の臓器に転移する前に治療することが大切です。